障碍を持つ子供の将来を支援したい

このような方におススメです

・自分が亡くなったあと、子供の生活が心配な方
・自分がしっかりしているうちに、子供の生活を保障したい方
・自分が亡くなった後は、子供の面倒をみてくれるだろう人に遺産を残したい方
・自分が将来病気や認知症になり、子供の生活を支えいけなくなることが不安な方

 

対策を行わないと、下記のような親なき後問題が可能性があります

親なき後問題

そこで活用できるのが、民事信託です!

民事信託でできること

民事信託という制度を活用すると、親御さんが万が一認知症や病気などで、
子どもの面倒を見ることが出来なくなった際に、あらかじめ決めておいた兄弟や親族などに
財産管理を任せることが可能となります。

遺言とは異なり、財産の管理を任せる人との契約を行い、さらに財産管理を行っているかどうかの監視を行うことで、
確実に財産承継を行うことができ案巣。

福祉型信託

 

最新ニュース